テストケース毎に予定を管理する

テストケース毎に、テスト実行予定を管理する方法を説明します。

シナリオテストや受入れテスト等、ケース毎の規模が大きい場合に適した予定の管理方法です。

テストケース毎に予定を入力する機能を有効化する

プロジェクト内でケース毎に予定入力する設定に切り替えます。

※設定を「テスト仕様書上で予定を管理する」に切り替える際にテスト仕様書毎に予定を設定している場合、データが削除されるのでご注意ください。

設定は次の画面から行えます。

画面:プロジェクトトップ>プロジェクト設定>プロジェクトの基本設定

image

有効化した場合、以下の箇所の表示が変更されます。

テスト実行画面 / 編集画面

テスト実行画面 / 編集画面に「担当者列」「予定列」「必要時間」が追加されます。 image

列毎に「担当者」「予定日」「必要時間」を入力すると進捗管理画面、分析画面の以下表示が変更されます。

プロジェクト情報

以下の値がケース毎に入力した予定を参照して表示されます。

サマリー
  • 前日までの完了予定数

  • 予定達成率(件数)

  • 予定達成率(工数)

  • 本日の進捗

テスト状況
  • 予実差異

全体進捗画面

以下の値がケース毎に入力した予定を参照して表示されます。

進捗グラフ
  • 予定線

進捗テーブル
  • ケースベース

    • 累計 予定

    • 累計 予実差異

    • 累計 残予定

    • 当日 予定

    • 当日 予実差異

    • 当日 進捗率

  • 工数ベース

    • 累計 残り必要工数(H)

    • 累計 進捗率

    • 当日 進捗率

詳細進捗画面
  • 「テスト予定入力」のボタンがグレーアウトになり、仕様書毎の予定が入力不可になります。

  • 進捗テーブルの以下の値がケース毎に入力した値を参照します。

    • 担当者・監査担当者

    • 未予定数

    • 予定進捗率

    • 当日予定達成率

    • 右ペインの日ごとの予定値

    • メンバー 実績/予定 タブの「予定工数(人数)」に切り替えた際の右ペインの日ごとの予定値

      ※詳細進捗テーブルカラムの必要時間が非表示になります。

分析:バーンダウンチャート

以下の値がケース毎に入力した値を参照し表示されます。

バーンダウンチャート
  • テスト – 予定

  • テスト – 実績

ユーザ別テスト詳細
  • 総見積工数

  • 残見積工数

  • 実作業工数

  • 残実行日

  • 進捗率

テストケース毎にテスト環境を設定する

テストケース毎に利用するテスト環境を登録することができ、どのテスト環境で、どのテストが実行されるか一目で把握できます。

プロジェクト内でテストケース毎にテスト環境を登録する設定に切り替えると利用できます。

画面:プロジェクトトップ>プロジェクト設定>プロジェクトの基本設定

image

有効化した場合、以下の箇所の表示が変更されます。

テスト実行画面 / 編集画面

テスト実行画面 / 編集画面に「テスト環境」が追加されます。

image

テストケース毎に「予定日」と「テスト環境」を登録すると進捗管理画面 > 詳細進捗画面 >テスト環境 実績/予定 タブでテスト環境の利用状況を把握することができます。

カレンダー上で予定・実績ケース数にマウスオーバーすると該当のテスト仕様書名が表示されます。

詳細進捗 テスト環境 実績/予定 画面

image

テストケース毎に予定日・担当者・必要工数・テスト環境を入力する

テストケースの予定日・担当者・必要工数・テスト環境はテスト管理画面から入力、Excel・アップロードをサポートしています。

テスト予定・担当者はテスト実行画面またはケース編集画面から入力が可能です。 image

テスト仕様書をアップロード時にヘッダーに指定する文字列について

Excel・csvのテスト仕様書を取り込む際、ヘッダーに以下のように記載するとそれぞれの列タイプとして設定し、取り込むことが可能です。

設定する文字 アップロード時に設定されるタイプ

{実行列名} (担当者)*3

担当者

{実行列名} (予定日)*4

予定日

{実行列名} (必要時間[分])*5

必要時間[分]

{実行列名} (テスト環境)*6

テスト環境

例)実行列のヘッダー名が 「Result1」の場合の担当者列のショートカット

Result1 (担当者)*3
Excelのテスト仕様書と取り込み後のイメージ

image